アルカリが髪にもたらす影響


今日は美容室に大きく関係している、アルカリが髪にもたらす影響について説明していきたいと思います。
 

皆さん、美容室でアルカリという言葉を聞いた事があるでしょうか?

 

アルカリと聞くと、酸性、アルカリ性という言葉が出てくると思います。健康な髪の毛の状態は弱酸性なのですが、カラーやパーマ、縮毛矯正をかけると髪の毛は弱酸性ではなく、アルカリ性に傾いてしまいます。

 

これは、それぞれの薬剤にアルカリ成分が含まれている為です。

 

美容室にて薬剤を使った施術を受け、家に帰った後に髪の毛が傷んだ感じや軋む感じを経験した事はありませんか?

 

髪の毛にアルカリが残っている事を残留アルカリと言うのですが、それが原因で起こってしまうからです。

これは薬剤を使う事や、後の処理の仕方で残り方が大きく変わります。

 

アルカリ性に傾いてしまった髪の毛は、空気に触れる事で徐々に酸性に傾きます。これを酸化重合と言います。

 

最終的には弱酸性に戻るのですが、 髪の毛の傷みというのは、アルカリ性から弱酸性に傾いているこの時に発生します。

 

つまり、なるべく速く弱酸性に髪の毛を戻してあげる事によって傷みは最小限に抑える事が出来るのです。

 

 

 

COFFRETでは、アルカリに対しての改善策が積極的です。

それぞれ説明して行きます!

 

カラーリング

ファッションカラー、グレイカラーは必ず流してシャンプーする時にアルカリ除去剤という商材を混ぜてシャンプーしています。

そうする事によってアルカリ除去剤が髪全体に行き渡り、アルカリを緩和してくれます。

ブリーチを使ったダブルカラーには、アルカリ除去剤に続き酸リンスという商材を使う事があります。

ブリーチは染め上がりの状態では、強アルカリという状態になっていて、名前の通りとても強いアルカリ状態になっています。お湯で流し、弱アルカリ性に傾けた後に酸リンスという商材を使う事によって、髪の毛を徐々に酸性に傾ける事ができます。

 

 

 

パーマ

パーマ液にもアルカリ成分が含まれていますので、お薬付けをした後にお湯で流し、酸リンスをつけてペーハー値を酸性に傾けます。

さらに定着させた後にバッファーローションというコンディショナーをつけ、残臭を取り除きペーハー値を弱酸性に傾け定着を素早くさせます。

 

 

 

縮毛矯正

実は縮毛矯正の薬剤は、ブリーチと同じくらいアルカリが含まれている為、髪の毛は強アルカリに傾いてしまいます。

 

ですので、アルカリ除去剤をつけた後にバッファーローションをつけて定着させています。

 

縮毛矯正では酸リンスを使わないのですが、理由はアイロンワークと定着のお薬付けで、ある程度酸性に傾くのでアルカリ除去剤で中和することが出来るからです。

 

 

 

 

 

他にも、アルカリを極力抑えた世界一低刺激と言われているカラー剤を使っていたり、オーガニック系のカラー剤、パーマ液、縮毛矯正剤を使っていますので頭皮にも髪の毛にもとても良いです。

 

そして、トリートメントをする事によって薬剤の定着が良くなり、素早くお店に来る前の髪の状態に戻す事が出来ます。

 

 

 

 

いかがでしょうか?

美容室によってはアルカリ除去剤、酸リンス、バッファーローションがない所も沢山あり、あったとしても料金を取ってやっている所もあります。

しかし、コフレでは全てサービスで使わせて頂いてます。

少しでも施術を長持ちさせたい気持ちで取り組んでいますので、ご安心くださいませ。

 

gallery35

 

 

動物と人間性の関係性については(こちらをご覧下さい)。

 

『札幌の人気美容室』

COFFRET-hair artistic-

〒064-0804

札幌市中央区南4条西2丁目セントラルs4ビル5F

TEL 011-206-1967

FAX 011-206-1968