ダブルカラー!


『海外セレブ風ヘアーカラー』を成功させるための『ダブルカラー&3Dカラー』を連動させたカラーレシピを大公開します!

 

このカラーの特徴としては、外国人のように透き通った印象だけではなく、繊細な毛流れを表現してくれます!

 

girl-1319138_640

手順と流れ

 

①ブリーチ剤で全体的にトーン(明るさ)をアップする!

②さらにブリーチ剤で3Dカラーをいれる!

③フィルムを貼るイメージでカラー剤をかぶせる!

④ダメージケア!

となります。

 


①『ブリーチ剤

 

2016-02-26 12.11.32

➡️ブリーチ剤と過酸化水素水6%を1:2の比率で調合します。

※上の画像は『ナプラ』のアクセスパウダーブリーチです。リフト力(明るくする力)が非常に強いのでダブルカラーにオススメです!

 

少しでも頭皮に刺激がでないように、必ず保護のオイルを頭皮全体に浸透させます。

毛先からブリーチ剤の塗布に入り、トーン(明るさ)が上がってきたら根元に薄くのばしていきます。

根元の塗布を薄くする理由として、根元付近は体温が高いため明るくなりやすいのと、頭皮へのダメージを限りなく減らすためです。

毛先などに発色の悪い部分があれば「ラウリルアルコール」、「ラウレスアルコール」などの高級アルコール成分を含んだシャンプー剤をもみこんでいきます。

この作業により、ブリーチ剤の浸透が高まるので限りなく少ないダメージで明るくしていきます!

 


②『3Dカラー

 

girl-1031772_640

➡️ブリーチを流した後に、しっかりとタオルドライをしていきます。

毛髪と頭皮の負担を考え、水分を含んだウェットの状態で3Dカラーを施術します。

薬剤選定は先程と同じブリーチ剤を、同じ比率で使用します。

3Dカラーの施術としては、スライス1㎝に対してウィービィングを3㎜間隔で施術します。トータルのウィービィングの枚数としては60枚前後使用します。

※この施術によって上の画像のような「アップスタイル」でも3Dカラーが際立ちます!

 

10~15分を目安に放置します。

最初のブリーチ剤の明るさと、ウィービィング部分の明るさをくらべて、5トーン程のコントラスト(明度の差)がついたらOKです。

次に施術するフィルムカラーの下準備として「酸リンス&アルカリ除去剤」を髪全体と頭皮に浸透させ、優しくシャンプーしていきます。

 


③『フィルムカラー

 

20160226_115917

➡️先程と同様に、毛髪と頭皮の負担を考え「保護のオイル&ウェットの状態」でカラーの施術をしていきます。

※薬剤はパーソナルな魅力を引き出し、細かなニュアンスも調整できる『Wellaニューコレストンを使用します!

 

9/11(アッシュグレイ):8/00(ネイチャーコントロール):10/6(バイオレット)を4:2:1の比率で調合し、これを1剤とします。

過酸化水素水は1.5%と、できる限り負担の少ない薬剤を選びます!

1剤に対しての過酸化水素水の比率は、1:2の比率にしていきます。

さらにウェットで施術すると水分を含んでいる分、薬剤が薄すまる事を前提に薬剤選定をしましょう。

「弱い&淡いカラー剤」でじっくりと時間をかけて色味を入れていく事が『海外セレブ風カラー』の成功へのカギとなります。

 


④『ダメージケア

 

1425312580443

➡️「毛髪や頭皮」がとてもデリケートな状態になっているので、シャンプーをする際には36℃前後のぬるま湯で優しく洗います。

さらに薬剤の影響で強アルカリ性に傾いたPH値(8~14)を、健康な状態の弱酸性(4~5)にゆっくりと傾けていき鎮静化していきます。

 

※そして毛髪だけではなく頭皮のコンディションも整えるために、パーソナルケアに特化した「システムプロフェッショナル」を使用します。「水分&油分」を含んだラインナップのトリートメントを選択し「補修&修復」をしていきます!

 

私達COFFRETの「技術&接客&ケア」のこだわりは伝わりましたか?

必ず貴女の魅力を引き出し、パーソナルな施術をさせて頂きますのでご安心下さい。

さらに海外セレブ風テクニックに興味がある方は(こちらをご覧下さい)。