ハイライトの技術を習得する為に


ハイライトの技術を習得する道のり

ヘアカラーの応用編、ハイライト。

ハイライトとは毛髪に明暗をつけることにより外人風な立体感等が出る技術となっています。

この技術を習得する為の合格基準としては、まずはブロッキングです。

 

 

 

 

 

8つのセクションに分けとるブロッキングを2分30秒以内に正確に完成させます。

このブロッキングの時点で仕上がりが大きく左右されます。

何故なら、ホイルを使い毛髪全体の1/2が染まる為、全体の繋がりが大きく関係してきます。

次にピッチという毛髪を分けとる方法をご説明します。

1cmのスライス幅で3~5mmのピッチを細かく取り、取る所と取らない所の比率が1:1になる様に施術します。

こうしてピッチを取ることにより毛髪全体の1/2を染める事が可能になります。

 

次にホイルワークです。

 

 

取ったピッチをホイルの上に乗せ、ムラにならない様にしっかりと確認をしながら塗布をし、ホイルをブロッキング幅に折り合わせていきます。

 

このピッチを取り、ホイルを折るまでの作業を1枚約25秒~30秒で行います。

更にホイルを60枚以上入れ、左右のホイルの枚数を揃え、全頭40分以内を合格基準として、担当のスタイリストにチェックしていただきます。

また、実際にウィッグにブリーチをしてトレーニングに励みます。

こうしてウィッグトレーニングの合格を頂くとモデルトレーニングに移り、モデルを10人以上施術し知識と経験を身に付けます。

合格基準に達してチェックを受ける許可を頂いたら、 代表にチェックをして頂く、言わば最終試験が待っています。

そこで代表にトレーニングの成果を見て頂き合格を頂けるとハイライトの技術習得となります。

 

僕はまだトレーニング中ですが、すでに市販のアルミホイルを15本以上は使っていると思います。

とても細かい作業で上手くいかない事が多々あり、苦戦することも多々あります。

しかしこの技術を習得する為に今日もトレーニングを開始します!!

『札幌の最高品質な美容室』

COFFRET-hair artistic-

〒064-0804

札幌市中央区南4条西2丁目セントラルs4ビル5F

TEL 011-206-1967

FAX 011-206-1968