バーティカルグラデーション。


男性や女性を問わずに出来るスタイルです。
 

特徴としては、ネープとサイドをスッキリとなるようにカットをして、

ミドルに重みを持たせトップには動きを出すというのが特徴です。

 

このスタイルはCOFFRETの技術マニュアルにも載っているスタイルなのですが、

ハサミの入れ方やパネルを引き出す角度、髪の毛を集めて切るなど

難しい技術が沢山使われています。

 

 

まず、セクショニングはリセッションエリアを基準に上下に分けとり、

ホースシューセクションにします。

分け取った形が馬蹄形に見える事から名前がつきました。

 

アンダーの髪を頭皮に対して90℃にパネルを引き出し、

切り口は引き出したパネルに対して60℃でブラントカットします。

これを耳の後ろまで切り進みます。

サイドも同様に切り進みますが、

最後の顔まわりのパネルはオーバーダイレクションをかけます。

 


 

ミドルのセクションはアンダーをガイドに同じように切りますが、

ここではブラントカットではなくポイントカットで切り進みます。

サイドも同様にアンダーでオーバーダイレクションをかけた位置で、

ミドルもオーバーダイレクションをかけます。

 

 

切り終わったらトップの髪を床に対して垂直に引き出し、

切り口がスクエアになるように今度はスライドカットをします。

トップもミドルに合わせて切り進み、

サイドはミドルのガイドに合わせてオンザポイントにスライドカットします。

 

 

フロントはサイドで切った形をそのまま生かし、前下がりのVバングになります。

 

 

注意点としてパネルの角度がズレないように毎回角度を確認し、

チェックバランスも細かく行い左右の長さがシンメトリーになるようにします。

特に顔まわりのカットはオーバーダイレクションを使っているので、

シェープと角度に細心の注意を払います。

これがズレてしまうと前髪のVバングがキレイに整いません。

 

 

この1つのスタイルだけでもこれだけのことを全て意識してカットしています。

これはあくまでウェットカット[ベースカット]なので、

ドライヤーで乾かした後に質感調整や似合わせもしていきます。

とても複雑で専門的で難しいと思いますが、

カットしている時は常にこれらを意識して施術をしています。

 

 

2013~2017年代のヘアーセットについては(こちらをご覧ください)。

 

『札幌の上手で有名な美容室』

COFFRET-hair artistic-

〒064-0804

札幌市中央区南4条西2丁目セントラルs4ビル5F

TEL 011-206-1967

FAX 011-206-1968