パーマについて


今日はCOFFRET流のパーマの施術方法を細かく説明したいと思います。
美容室でパーマをかけた事がある人は、1度は下記のような経験をした事があるのではないでしょうか?

 

◇とても傷んだ!

◇パサパサになった

◇臭いが何日経っても取れない!

◇すぐ元どおりになった!

◇今何されてるの!?
上記以外にも、気になったところは沢山ありますよね。

 

COFFRETではその様な事がない様に、一つ一つ説明しながら丁寧な施術を心がけています。

 

では、COFFRETでのオリジナルなパーマの施術方法を説明致します。

過去に紹介した、外国人風パーマの記事は(こちらをご覧下さい)。

 


 

 

①シャンプー&栄養剤塗布

この時、ハイダメージ毛には場合によって栄養剤を入れる場合もあります。

 

 

②準備

クロスや保護クリームをつけ、洋服を汚さない様に、肌が荒れない様に準備をします。

 

 

③ワインディング

ワインディングとは、ロッド(パーマの際に使う棒状の物)を髪に巻きつける作業のことを言います。

スライスを取る際は、ギャザー(ジグザグの線)でとります。
image

 

このようにスライスを取ることによって、上の毛と下の毛が馴染んでよりナチュラルな仕上がりになります。

また、ロッドを止める輪ゴムの留め方も一工夫してあります。

 

image

 

 

 

普通の留め方だと、すぐに緩んでしまいますが…。

 

 

 

image

 

 

たすき掛けという留め方なのですが、これだとしっかり留まります。

途中でゆるくなってかかりが変わらない様にするために、しっかりと固定します。

 

 

④薬剤塗布

お水で全体を濡らし、クッションを作ってからパーマ液を付けていきます。つけ終わったら、刺しピンを付けてキャップを被せて温めていきます。

 

この画像をご覧ください。

image

 

この白い棒の様なもの、パーマをした時に見た事がありませんか?

 

実はこれ、輪ゴムの跡がつかない様にするために付けているのです。

 

新規のお客様に説明する際、知らなかったというお客様がとても多いので、他店の美容室では説明されてないのがわかりますね。

 

 

⑤2液塗布

定着のお薬を付けていきます。

 

1回に髪の毛に吸収されるお薬の量が決まっているので、COFFRETでは時間を置きながら、3回に分けてゆっくりしっかり定着させています。

 

最後にパーマの持ちを良くさせる効果と、パーマ液の嫌な臭いを消してくれる消臭効果のあるコンディショナー(バッファーローション)を付けて、ロッドアウトをします。

 

※バッファーローションは、一般的な美容室では別料金を取って使っているものですが、COFFRETではサービスでつけさせていただいています。

 

 


 

 

 

COFFRETのパーマについてのこだわりが伝わりましたか?

 

髪質や頭の形、クセや悩みはお客様一人ひとりで異なります。

 

COFFRETでは、そのお客様に合った薬の選定と、デザイン作りをしていますのでご安心ください。

 

 

image

 

『札幌の人気美容室』

COFFRET-hair artistic-

〒064-0804

札幌市中央区南4条西2丁目セントラルs4ビル5F

TEL 011-206-1967

FAX 011-206-1968