ロールブラシ


ロールブラシの種類や特徴を詳しく紹介したいと思います!
 

美容室で取り扱っているブラシは「デンマンブラシ」、「パドルブラシ」、「スケルトンブラシ」など様々な種類があり、最高級品ブラシといわれる「メイソンピアソン」だと12000円~30000円の価格になります!
 

個人的にブローをする時に一番頼りになるブラシが「ロールブラシ」です!

 


ロールブラシ
 

2016-04-22 09.25.06

➡️『SANBI』、『YS』、『ンゴ』などのメーカーが有名で、髪本来のツヤやボリュームを出すのに欠かせないブラシであり、「髪の長さ」や「デザイン」に合わせてロールブラシのサイズをかえてブローしていきます。
 
ストレートアイロンやカールアイロンよりもナチュラルで自然な仕上がりになります。

 


『ナイロン&プラスチック素材』
 
➡️価格も1000円~2000円と安いラインナップとなりますが、抗菌タイプの物もありブラッシングをする事により汚れを除去してくれます。

 

持ち手の部分はプラスチック素材が多いです。

 


『豚毛』
 

➡価格も2000円~5000円とベーシックなラインナップとなり、ブラッシングをする事により汚れを除去しツヤをだしてくれます。
豚毛ブラシの毛質は軟らかいため、軟毛の方にオススメなのと、持ち手の部分はコルク素材や天然木が多く、使用するほど手にフィットしていきます!

 


『猪毛』
 

➡️価格も4000円~6000円と高く最高級ラインナップとなり、ブラッシングをする事により汚れを除去しキューティクルを整えてツヤをだしてくれます。
猪毛ブラシの毛質は硬いため、硬毛の方に最適なのと、頭皮に対してのブラッシングも効果的で、抜け毛が気になる方にもオススメです!

 

持ち手の部分は天然木が多く、使用するほど手にフィットしていきます!

 


※ブラシは長年使用する事により、「毛」や「持ち手」が馴染みます。ここに全く同じメーカーのロールブラシがあります。『新しいブラシ』と『使い込んだブラシ』の違いを画像で比較したいと思います!
 
『新しいブラシ』

 

2016-04-22 09.25.42

➡️まだ毛も長く、固い状態です。

持ち手の天然木を見ても新しさが伝わります。

 


『使い込んだブラシロールブラシ』

 

2016-04-22 09.26.16

➡️毛も短くなり軟らかさが画像からもわかります。

持ち手の天然木も年期がはいり馴染んでいるのが伝わりましたか?

自分に合った一生物のロールブラシを、皆さんも探してみませんか?

また、美容師には欠かせない『ハケの種類』に興味のある方は(こちらをご覧下さい)。

 

『札幌の最高品質な美容室』

COFFRET-hair artistic-

〒064-0804

札幌市中央区南4条西2丁目セントラルs4ビル5F

TEL 011-206-1967

FAX 011-206-1968