人気外車6選


コックピットに入るだけで胸がワクワクするような「自動車メーカー」や「人気車種」を紹介したいと思います!
 

10代~20代(若者)の車離れが進んでいるのをご存知ですか?

それと同時に、手軽で維持費の安い軽自動車の需要も増えてきていますね。

きっと、日本の景気がデフレになっている影響も大きな要因でしょう。

しかし、この様な時代でも「車の価値を高め人々を魅了する自動車メーカー」があります!

 
①『Ferrari(フェラーリ)
②『Lamborghini』(ランボルギーニ)
③『BMW』(ビーエムダブリュー)
④『Jeep 』(ジープ)
 

言わずと知れた有名な外車のメーカーです!
きっとエントリーモデル、フラッグシップモデルは関係なく、世の男性は1度は憧れた事でしょう!


①『Ferrari』(フェラーリ)
2016-03-21 20.58.34

➡️まさに成功者の証でもある車です。

フェラーリの本社はイタリア。

イタリアは過去の歴史(ルネサンス期)が物語るように、デザインやアーティスティックな感性に特化した国といえます。
芸術やデザイン性に優れたイタリア人が製造したフェラーリは、間違いなく世界一上品な美しいフォルムとなっております。
 

上品なフォルムからは想像もできない、力強いエンジン(V型12気筒)は魅力の一つになっています。
そして、車に詳しくなくてもフェラーリのエンブレムが「跳ね馬(プランシングホース)」なのはあまりにも有名な話しですね!


②『Lamborghini』(ランボルギーニ)
2016-03-21 20.56.07

➡️フェラーリと同じくイタリアが本社。

同じイタリア製とは思えないほど、フェラーリとランボルギーニのフォルムは対照的です。

またエンジンも同じV型12気筒ですが、エンジン音は対照的に感じます。
ランボルギーニの創設者は、フェラーリに負けない高級車を作る!と言う理由で会社を設立。
 
 なのでランボルギーニのエンブレム「猛牛(ファイティングブル)」はフェラーリのエンブレム「跳ね馬(プランシング・ホース)」を倒す!という意味合いも込められているとの事。

 

ランボルギーニとフェラーリのエンブレムを隣り合わせにすると答えがでますよ!


③『BMW』(ビーエムダブリュー)
2016-03-21 20.55.07

➡️BMWの本社はドイツ。

ドイツ人は世界的にみても、物作りに特化した国民性を持っている事でも有名です。
なのでBMWは、足回りやボディーも日本車にはない重厚感や安定感があります。
さらにボディーは何層にも塗装がされており、キズつきにくく塗装のクオリティーが非常に高いです。

 

またBMWはランフラットタイヤが特徴ですね。

sgf01a201311122300-1

タイヤの内部が2層になっているため、パンクをしても100㎞程度なら普通に走る事が可能です!

ただしランフラットタイヤは価格も高く、それでいてかなり重いタイヤです。

ロードノイズを拾いフィーリングも硬い質感なので、好みがハッキリ分かれます。


『BMW』人気ラインナップ X1
2016-03-21 20.42.24

➡️コンパクトSUVとして日本で人気なラインナップとなっております。

日本の立体駐車場に収まるサイズが魅力の一つですね!

Xシリーズの中ではエントリーモデルに位置しますが、プラットホームは3シリーズがベースとなっています。

通常の1シリーズとは違う高級感も人気の秘訣でしょう!

また、初代S drive(FR)、新型S drive(FF)だけではなく、雪国には嬉しいX drive(4WD)のラインナップも魅力ですね。
このX driveは高速走行での安定を追求したBMWだからこそ、世界一の安定感がある4WDなのではないでしょうか。
あとは「直列6気筒」、「前後の比率が50:50」がおりなす駆け抜ける喜び(シルキーシックス)で、非常に滑らかな力強いフィーリングを楽しみましょう!


『BMW MINI』
2016-03-21 20.40.04
➡️以前はイギリスのローバー社から製造されていた「ローバーミニ」が、2001年「BMW MINI」となりました。
 
オシャレで可愛いフォルムが幅広い方々の支持をえています。

 

またノーマルオプションでも、MINIならではのオシャレな内装が特徴です!

+αの有料オプションにも力を入れているので、さらにパーソナルな1台を作る事が可能です!

見た目以上にパワフルでキビキビした走りも魅力の1つです。

BMWの遺伝子が「ドライブ フィーリング」に受け継がれている納得の1台です!


④『Jeep』(ジープ)
2016-03-21 20.37.13

➡️本社はアメリカとなっています。

Jeepはビッグサイズなボディーとパワフルな排気量が特徴です。

フロントグリルに迫力があるのも魅力の1つですね!

ただし、ビッグサイズなので運転が不安!と思いませんか?

安心して下さい!

実は日本の道路を意識した、コンパクトSUVのラインナップもあります。

さらにビッグサイズを補うような見渡しの良さと、サイドモニターや軽やかなハンドルワーク。

まさに「身体の一部」となった感覚で運転する事が可能になりました!

また、Jeepと言えばオフロード車が有名でしたが、最近はオンロード車が日本で人気となっております。

オシャレなシティー仕様のデザインなので、注目の的になるのは間違いなし!

さらに、アメリカ車といえば燃費も気になるのではないのでしょうか?
今までの様にハイオクガソリン車だけではなく、レギュラーガソリン車も増え、CVTを採用する事によりネックであった燃費も向上しました!
 

まさに、スキのない外車メーカーとなりました!


 
様々なジャンルの「メーカー」と「エントリーモデル」や「フラッグシップモデル」などの違いはありますが、人気外車メーカーのこだわりや魅力が伝わりましたか?
 
人気外車メーカーはターゲットを絞り、その上で「デザイン性」や「コストパフォーマンス」、「メーカーの個性」を武器に勝負しています!

 

『可愛くて手軽な軽自動車』も、『個性的で胸が踊るような外車』どちらも捨てがたいですね!

あなたは、どちらを選びますか?

さらに、人気外車&バイクメーカーの特徴にも興味のある方は(こちらをご覧ください)。

 

『丁寧な仕事が評判のイケメンサロン』

COFFRET-hair artistic-『コフレ』

〒064-0804

札幌市中央区南4条西2丁目セントラルs4ビル5F

TEL 011-206-1967

FAX 011-206-1968