外国人風ブロンドカラー


皆さんは、外国人のようなブロンドカラーに憧れた事はありませんか?

gf01b201502200300

美しいブロンドカラーにするためには、実は多くの工程を踏まないといけません。

施術もブリーチ剤を使用した後に、通常のカラー剤をかぶせるとても複雑な工程になっています。

また、ダメージレベルや希望の明るさに合わせて、過酸化水素水の濃度や比率も調整します。


※この上の画像がオーダーだった場合の、当店での施術の手順や薬剤レシピ、こだわりを紹介していきます。

 

①「最初に、必ず過去の施術の履歴を確認します」

最近、エアウェーブや黒染めをした事があるのか?していないのか?このような履歴があると、仕上がりに大きく影響してしまうからです。

 

②「ブロンドカラーの明るさをレベルスケールで確認します」

レベルスケールの数字が高くなるにつれて、髪は明るくなります。自然な黒髪が5~6トーンなので、最終的に20トーン近くまでリフトアップ(明るく)していきます。

 

③「ブリーチの塗布は必要に応じ1回~4回施術していきます」

 

ナプラ アクセスパウダーブリーチ

ブリーチ剤(脱色剤)   1:3   過酸化水素水6%で施術。

2016-02-26 12.11.32

日本人の持っているメラニン色素(デュフューズメラニンやグラニュラメラニン)をブリーチにより分解していきます。

限りなく20トーンのペールイエローに近づけていきます。ここまでの工程でベースが整いました。

 

④「ファッションカラーの施術にはいります。薄く、やわらかい色のフィルムをはっていくイメージで施術します」

 

※『ウエラニューコレストンパーフェクト

ネイチャーコントロールとブルーシルバーを4:1の比率で混ぜます。

この薬剤に補色としてバイオレットを2割入れます。

「14/00 (4:1) 12/88➡️12/6を2割」 (1:2)   過酸化水素水1.5%

20160226_115917

ブリーチをした髪色を見て、「色彩学の色相環」を利用し、薬剤選定していきます。

黄色が強く残っている場合には、補色にあたる青紫色のカラー剤を使用します。

また、オレンジ色が強く残っている場合には補色にあたる青色のカラー剤でオレンジ色を消していきます。

 

⑤「放置時間を考慮する事により、ダメージを最小限におさえます」

ダメージが少ないという事は、ヘアーカラーも退色しずらいという事になります。度重なるカラーリングにより、毛髪だけではなく、地肌にもダメージがでてしまうので細心の注意を払います。

 

⑥「サロンでの集中ケアトリートメントに移ります」

髪の毛のPH値が強アルカリに傾いているので、優しく、時間をかけて健康なPH値の弱酸性に戻していきます。さらに、ケラチンや、コラーゲンなどで内部補修し、毛髪の表面をコーティングしてあげるとヘアーカラーの退色を軽減できます。

 

⑦「ホームケアのアドバイス」

ホームケアは、洗浄力の弱い、ヘアーカラー専用のシャンプー剤か、アミノ酸系のシャンプー剤を使用します。36℃前後のぬるま湯で、毛髪も地肌も優しく洗いましょう。

 

この様な多くの工程を踏む分、美しい仕上がりになります!

また髪だけではなく、メイクアップとの連動も大切になります。

過去に紹介した、日本人にオススメのメイクアップ用品の記事は(こちらをご覧下さい)。

興味のある方は、気軽にご相談ください。