温度について


今日は色々な温度についてお話をしたいと思います!
皆さんは美容と温度が密接な関係にある事をご存知でしょうか。

実は、髪の毛のダメージにとても大きく関係しているのです。

では、どれくらい関係があるのかお話したいと思います。

 


 

お湯の温度
お湯の温度は36~37度のぬるま湯が良いと言われています。

温度が高すぎると、髪の毛の表面の魚の鱗のような部分、キューティクルという部分が剥がれてしまったり、損傷してしまうのです。

特にカラーやトリートメントをした後だと、キューティクルが開いてしまい、中の色味やトリートメントの栄養分が外に漏れてしまうので、効果が半減してしまいます。

 

コテの温度
プロフェッショナル商品だと、商品によっても多少の違いはありますが大体の商品は約150度~190度です。

最近のヘアアイロンだと、200度~220度の物も出ているみたいですが、これは高すぎて髪の毛が焼けてしまい、過度なダメージにつながってしまいます。

 

 

ドライヤーの温度
ドライヤーは、約100度~110度の温風が出ています。

一見凄く高く感じますが、髪には神経が通っていないので熱く感じないですね。

ブローをする時は髪の毛に限りなくドライヤーを近づけます。ノズルの先の部分の温風は約140度くらいなので、コテよりも低く、傷みづらいです。

ですが、クセの強い人だと完全に伸ばすには温度が足りません。

 

 

 

これらの事を踏まえた上で自分の髪の毛にはどのような温度が合うか、どのような道具を使ってどのようなやり方でケアをしていくかを決める事が出来るとベストですね!

髪質や状態で適温や道具の使い方は異なります。ですのでわからない事があれば当店スタッフに遠慮なくご相談ください!

 

image

 

妊婦の方必見!産後の髪のお悩みについてのブログです。(こちらをご覧下さい)。

 

『札幌の上手で有名な美容室』

COFFRET-hair artistic-

〒064-0804

札幌市中央区南4条西2丁目セントラルs4ビル5F

TEL 011-206-1967

FAX 011-206-1968