理容と美容の違い


今やコンビニの4倍もお店の数があると言われている美容室ですが、髪の毛を切っている所は美容室だけではありません。

 

美容室の他に〝理容室〟という場所がありますよね。

 

利用した方もいると思いますが、実は理容と美容では大きな違いがあるのをご存知でしょうか。

 

今日は理容と美容の違いについてお話ししていきたいと思います!

 

 

 

カミソリを使うか使わないか。

これが理容と美容で最大の大きな違いですね。美容師は、カミソリを使い施術をすることは出来ません。

 

理容室ではお客様の顔にシェービングクリームを塗り、カミソリで髭やうぶ毛を剃っていきます。

 

ですので、必然的に男性のお客様が多くなると思います!

 

 

 

 

 

サインポールがあるかないか。

理容室、床屋さんにはサインポールがあり、美容室には滅多に無いのも違いの1つです。

サインポールとは、下の画像のような物です。

 

 

 

image

 

 

 

誰でも1度は見た事がありますよね?

 

幼い頃、これを見て上に行った色が下から何度も出てきて不思議だなぁと思った事があります。笑

 

ちなみにサインポールは赤、青、白の3色で出来ていますが、ちゃんとこの色にしているのには理由があります。

 

赤    赤は動脈を意味しています。

青    青は静脈を意味しています。

白    白は包帯を意味しています。

 

カミソリやハサミなどの刃物を使うので、昔から理容室にはこの様なイメージがついたと言われています。

 

 

 

 

 

理容と美容の免許は別。

この職業に携わるには免許が必要なのですが、実は理容と美容の免許は別なのです!

 

美容学校では、理容師の免許が取れる所と美容師の免許が取れる所に分かれます。

 

中には美容の免許も取れて理容の免許取れる学校もあるのです!

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

理容と美容の違いについて書かせて頂きました。美容に携わっている人ではないと知らないのではないかと思い書かせて頂きました!

 

こういう専門知識も知ると理容室や美容室を意識的に見てしまうと思うので、面白いかもしれませんね!

 

 

 

 

頭皮の柔らかさについての記事は(こちらをご覧下さい)。