縮毛矯正②


縮毛矯正について 。
 


 

順を追いながらCOFFRETの質の高い縮毛矯正の方法をご紹介していきます。

 

 

①カウンセリング
お客様の1番気になる所や、ご要望、施術履歴等を詳しく聞きながら

触診をして、癖の強さダメージレベルを見ていきます。

これにより薬剤やアイロンの入れ方、前処理方法が変わります。

 

 

②シャンプー、前処理、1液の塗布
1番最初にシャンプー??

皆さんも不思議に思うかもしれませんが

実はここでのシャンプーはこのような効果があります。

 

縮毛矯正をかけた後にシャンプーをすると、

薬剤によって髪の結合を切り、アイロンによって伸ばした癖がまた出てきてしまう

原因となってしまうので、先にシャンプーをします。

他にもスタイリング剤を落とす為など様々な効果があります。

 

前処理とは??

事前に触診でチェックした際に、水分の足りていない所の水分補給や栄養補給をし、

お薬の浸透や仕事効率を上げる為の処理となっております。

 

1液の塗布

お客様のお悩みや毛髪の状態、ご要望によって塗布する場所やスピードが異なります。

1液の効果としては毛髪の〝シスチン結合〟という結合を解いて、軟化を促します。

 

 

 

③アイロンワーク
アイロンワークにも様々な種類や方法、手順があります。

・横スライス〈横にスライスを真っ直ぐ取る事で収まりの良い仕上がりになります。〉

・バイアス 〈斜めにスライスを取ることにより自然な仕上がりになります。〉

 

アイロンの入れ方

・大カール 〈根元から毛先まで大きなカールを付けることによってボリュームのある仕上がりに導きます。〉

・小カール 〈根元から中間まで真っ直ぐ伸ばし毛先にカールを付けることによって中間まで真っ直ぐ収まりが良く毛先は自然なやわらかい仕上がりに導きます。〉

・ストレート 〈根元から毛先までしっかりとストレートで伸ばすことにより3つの中でも1番ボリュームが収まる仕上がりに導きます。〉

 

そしてアイロンワークをする前にしっかりとドライをする事によりダメージを最小限に抑え、

また、根元が折れない様スライスの厚さは5~7ミリの厚さで取り、ステム<角度>は頭皮に対して90度でアイロンを入れます!

1番重要な点はお客様の頭皮や耳を火傷させない様に細心の注意をはらいながら、

根元ギリギリまでアイロンを入れて癖をしっかりと伸ばす事です。

アイロンの入れる回数もお客様一人一人の毛髪に合わせ、根元と毛先で回数を分け、

プレス<髪を挟む>の力加減もアイロンの熱だけを利用して癖を伸ばします。

アイロンワークではこのような事を常に意識して最高の仕上がりを心がけています。

 

 

④仕上げの2剤塗布
2液塗布での効果は、1度解いたシスチン結合を再度結合させて固定をしていきます。

ここでは2種類の薬剤を選定します。

しっかりとしたストレートに仕上げたいか、フワッとナチュラルに仕上げたいかで使う2剤が変わります。

お客様のご要望に合わせ、スタイリストがしっかりと判断して手際良く塗布していきます。

 

では、縮毛矯正をかけた事のある皆様に質問です!
 

縮毛矯正をかけた時に前髪がぱっくり割れてしまい、治らない経験ありませんか!?

 

それが嫌で縮毛矯正をかけずに我慢をしたり、パーマをかけている人も多いと思います。

そのお悩みはCOFFRETでは解決出来ます!

実はぱっくり割れてしまう原因の1つとして、この2液塗布が大きく関わってきます。

最後に分け目を付けずにしっかりとオールバックにして時間を置く事により、ぱっくり割れるお悩みは解決します!

縮毛矯正は時間の掛かってしまう施術なのですがこのような行程を行う事により、

お客様の笑顔と満足に繋がると僕は思います!!縮毛矯正のご相談お待ち致しております!!

 

縮毛矯正の別の記事は(こちらをご覧ください)。

 

『札幌の最高品質な美容室』

COFFRET-hair artistic-

〒064-0804

札幌市中央区南4条西2丁目セントラルs4ビル5F

TEL 011-206-1967

FAX 011-206-1968