2013~2017年代のヘアーセットについて


ちょうど4~5年前あたりからまた少しヘアーセットのデザインが変わってきます。

では、どういう風に変わって来たのか。

過去にもご紹介してきた通り、

しっかりと逆毛やシェープで作られたスタイルから徐々にナチュラルなあまり逆毛を使わないヘアーセットへと変わっていき、

4~5年前になると逆毛はほぼ使わなくなりました。

むしろ全く使わなくなったと言っても良いほど、ナチュラルなヘアーセットの需要が一気に増えてきます。

逆毛を立てないメリットとしては、ヘアーセットを解く時に時間がかからない。逆毛を立てていないので髪へのダメージも最小限に抑えられます。

現代は髪をキレイに保つ意識がとても高くなってきて、

COFFRETに来て頂いているお客様のおよそ6~7割がトリートメントをされています。

そういうのもあってよりナチュラルな逆毛を使わないスタイルが流行したのかもしれません。

 

今回はこの時代に流行っていたスタイルの代表的なスタイルを2つご紹介致します。

 

まずはアップスタイルからご紹介致します。

前髪やサイドやバックの髪を一切分けずに全てを編み込んでいきます。

この時にトップ側のスライスを長めに取り、アンダーは少しだけ髪をすくうようにします。

編み込む位置も低くめに設定して高くならないようにします。

それらを意識してフロントからバックの半分まで編み込み、逆サイドも同じように編み込みます。

二つの編み込みを重ねてシンプルに仕上げても可愛く、二つの編み込みを利用して髪飾りのように仕上げても可愛いと思います。

 

 

 

 

次にダウンスタイルです。

こちらも始めはアップスタイルと同様に前髪、サイド、バックを一切気にせずにフロント側から編み込んでいくのですが、

ダウンスタイルにしたいので、トップ側の髪を編み込まずにスルーしてアンダーの髪のみを毎回すくうようにして編み込みをします。

バックの半分まで編み込んだら、逆サイドも同じように編み込みます。

そうすると、片方しか編み込んでいないのでもう片方が下に落ち、このようなダウンスタイルになります。

 

 

 

こちらも二つの編み込みを重ねてシンプルに仕上げても可愛いですし、二つの編み込みを髪飾りのように仕上げても可愛くなります。

 

アップスタイルの方はディズニー映画で、登場人物が実際にこのようなヘアーセットをしていたのが流行るきっかけになりました。

今後もCOFFRETでは現代の流行りのセットから、昔流行っていたセットまで幅広く施術をさせて頂きたいと思います。

 

2007~2012年代のヘアーセットについて②は(こちらをご覧下さい)。