3Dカラー


3Dカラーの別名を「ウィービング」や「ハイライト」、「ローライト」とも言います。

gf01a201503200500-thum-1

 


『ウィービング』とは?

➡️外国人(ヨーロッパ圏の方々)のような、産まれながらの様々な色が混ざった髪色を作るテクニックです。

様々な髪色が混ざる事により髪の毛に陰影をつけ、とても自然な立体感を演出してくれます。

 


『ハイライト』とは?

➡️ベースのヘアーカラーよりもさらに明るい薬剤で、細かく拾った毛髪(ピッチ)に塗布していく事により、ボリュームや動きを出す事が可能になります。


『ローライト』とは?

➡️ベースのヘアーカラーよりも暗い薬剤で、細かく拾った毛髪(ピッチ)に塗布していく事により、おさまりや締まった印象を出す事が可能になります。

 

またピッチが同じでも、ハイライトは明るい色なので膨潤する事により太くみえやすいです。

ローライトは暗い色なので収れんする事によりピッチが細くみえやすいです。

 

※日本人の髪質の特徴は、世界的に見ても太くて固いです。

➡さらに黒髪だと重くゴワついて見えてしまいがちです。

なので最低でも、通常のヘアーカラーをオススメします。

 


※3Dカラーの入っていない通常のヘアーカラーの画像です。

gf01a201502200100
※3Dカラーがはいっている画像です。

sgf01a201409091900-1

違いに気付けましたか?

これでもピンとこない方に、ヘアーカラーとメイクアップでの比較対象もしていきたいと思います。


『ヘアーカラー』                 『メイクアップ』

 ①       黒髪                                   ノーメイク

 ②  ヘアーカラーのみ                ファンデーションのみ

 ③   3Dカラー                             フルメイク 


違いは一目瞭然ですよね?

周りの方と差をつけたい方には特にオススメです! 

 

『丁寧な仕事が評判のイケメンサロン』

COFFRET-hair artistic-『コフレ』

〒064-0804

札幌市中央区南4条西2丁目セントラルs4ビル5F

TEL 011-206-1967

FAX 011-206-1968