Hair Cut


COFFRETのヘアーカットのこだわりや、大人気サロンとして、数多くのお客様から指示されている理由をお話ししたいと思います!
 

施術に入る前に、必ず『髪質』&『骨格』を触診しカウンセリングにのぞみます。
 

さらに『Week Point&『希望』を必ず明確にしてから、ハサミを入れていきます。
 

takuya01


髪質
 

➡️髪質が固い場合の対処として、カットラインを切るときに「スライドカットやレザーカット」を使用します。
 
またセニングシザーを適切に使用し、毛髪の力強さをなくしていきます。

 

 
※スライドカット(ハサミを滑らせながらカットする事)やレザーカットがダメージの原因にならないように、毛髪をしっかりと濡らし施術します!

 

 
➡️先程とは逆に髪質が柔らかい場合には、ブラントカットなどの技法を使用し、毛髪に力強さを出して行きます。

 


骨格
 

➡️顔の形が面長であれば、「レイヤーやグラデーション」の落ちる位置(ウエイトの位置)で骨格補正をしていきます。
 
顎から耳にかけての延長線上にウエイトの位置を設定する事によりサイドビューが強調されます。

 
これにより、髪型がひし形になるために、トータルバランスが整い面長が気にならなくなります。

 


Week Point
 

➡️つむじの毛流れが強く割れやすい場合には、毛流れには決して逆らわず、毛流れに沿うようにカットしていきます。
 
またパーマで、つむじをまたぐようにロッドを巻くことにより、髪の毛がつむじを覆うので気にならなくなります。

 

 perm2


希望
 

➡️クールな雰囲気を希望の場合には、フロントの長さは長めが鉄則です!
 
フロントをセンターパートでわけたり、かきあげバングがオススメです。

 

 
※仕上げはカールアイロンを使用するよりストレートアイロンの方がクールな印象をデザインしやすいです。 

 

 

             2016-03-01 20.45.27

 

ここからは、ヘアーカットの大きな流れを説明していきます。

印象を大きく決定する部分からデザインの構築を始めていきます。
①全体のシルエット(長さ)の枠組みを作るようにカットします。

 
②レイヤー&グラデーションなどを入れてフォルムやウエイトの位置をデザインします。

 
③顔のパーツに合わせて、髪型に表情をつけていきます。

 
①~③の行程で全体の7割が完成しました。

 
④残りの3割はカットラインを壊さないように、ドライカットをします。

 
そして、ブリックカッティングやバックコーミングカットなどを用いてパーソナルライジング(個性の突出)をしていきます。 

gf01a201503220300-thum-2

 

『丁寧な仕事が評判のイケメンサロン』

COFFRET-hair artistic-『コフレ』

〒064-0804

札幌市中央区南4条西2丁目セントラルs4ビル5F

TEL 011-206-1967

FAX   011-206-1968