WELLA(ウエラ)ニューコレストンについて


  WELLA(ウエラ) ニューコレストンの特徴について書かせて頂きます。

 

ニューコレストンは幅広いカラーのラインナップを取り揃えております。

 

この薬剤の特徴はドイツで作られていまして、世界一低刺激の薬剤と言われています。

 

更にメラニン色素に合わせた発色をし、コレストラル効果により乱反射を防ぎますので艶のあるとても綺麗な染め上がりになります。

 

Pure(ピュア)シリーズ

11アッシュグレイ

2マット

33イエローゴールド

34オレンジベージュ

44キャロットオレンジ

45チェリーレッド

5ローズ

6バイオレット

68ピンクパール

88ブルーシルバー

 

image

個人的に暖色系でオススメの薬剤選定は9レベルに設定したピンクパールバイオレットの(1:1 )です。

 

2017年の暖色系の傾向として、柔らかさと透け感のあるキュートで可愛らしいヘアカラーに人気が集まっています。

 

それを見事にデザインしてくれるのがこの選定です。

 

そして何より、ニューコレストンの暖色系の薬剤の凄い所は艶感と色持ちの良さだと思います。

 

次にオススメするのが寒色系のアッシュです。

 

ここ最近、アッシュに求められている事は外国人のような赤味やオレンジ味を完全に打ち消した透け感のあるヘアカラーです。

 

いわゆる、それが最近よく耳にする外国人風ヘアカラーです。

 

透け感を出す方法としてブリーチ(脱色)をし、その上から色をかぶせるダブルカラーという方法です。

 

更に、より外国人風に近づける方法として毛先のみを染めるグラデーションカラーやバレイヤージュと言った3Dカラーも人気を集めています。

 

 

ブリーチをしない場合、9レベルに設定したブルーシルバーを単品で使用するのがオススメです。

 

ブリーチをした場合、9レベルに設定したアッシュグレイブルーシルバー(3:1)に対してバイオレット10%に2剤を6%もしくは4.5%(1:1)がオススメです。

 

この選定をする事で外国人風ヘアカラーのデザインを表現してくれます。

 

ニューコレストンは補色がほとんど入っていない原色に近いカラー剤なのでどんな色味でも表現する事が可能です。

 

ただし、ニューコレストンを使用する上ではカラーの知識が最も必要となります。

 

最近では補色が入っているカラー剤も多く、知識が無くても綺麗な色味を表現する事が可能となり、煩わしい調合や細かい色味のチェックをする手間が無くなりました。

 

ですが、ニューコレストンはこの手間をかけるがゆえの色味やもちの良さがあるのです。

 

COFFRETは自信を持ってWELLA(ウエラ)ニューコレストンを使用しております。

 

コフレのホームページについては(こちらをご覧下さい)。

 

 

『札幌のすすきのにある一流美容室』

COFFRET-hair artistic-

〒064-0804

札幌市中央区南4条西2丁目セントラルs4ビル5F

TEL 011-206-1967

FAX 011-206-1968